デザインと着心地が大事|格安の結婚式でも楽しめる|金額が問題じゃない
男女

格安の結婚式でも楽しめる|金額が問題じゃない

デザインと着心地が大事

男の人

体に合ったもの

結婚式で新郎が着用するタキシードを選ぶとき、いくつかポイントがあります。最も大切なのは、新婦のドレスに合ったデザインを選ぶことです。どんなに見た目がオシャレでカッコいいタキシードでも、新婦のドレスとまったく合わないものは避けましょう。また、普段着る服装と同様に、体に合っているかも要です。大きすぎず小さすぎない、全体のバランスが良く見えるサイズを選びましょう。試着するときに、脚を曲げたり伸ばしたり腕を回して窮屈にならないかをチェックします。結婚式の最中に快適に過ごせるように、着心地の良い素材を選ぶことも大事です。特に肌の弱い人、アレルギーのある人はかぶれることもあるので気をつけて選ばなくてはなりません。

カバーできるデザイン

結婚式で着用するタキシードは、体型をカバーできるデザインを選びましょう。小柄な人が丈の短いボトムを選ぶと余計に小さく見えてしまうのでご法度です。縦のラインを強調できるデザインを選ぶと、小柄な体型をうまくカバーできます。小太りの人が蝶ネクタイや細いネクタイを選ぶと、横のラインが目立ってしまうのでなるべく避けるのがベタです。膨張カラーは避けて、引き締まった濃いめのカラーを選ぶと良いでしょう。痩せ身の人がジャストサイズを選ぶと細さが全面的に出てしまいます。体型がうまくカバーできる少しゆとりのあるサイズを選ぶと肩幅が少し広く見えてきれいです。結婚式までに体型が変わってタキシードが入らなくなったという例もあります。そのような失敗がないように、当日までに体型を維持する努力をしましょう。