新郎新婦が気をつけること|格安の結婚式でも楽しめる|金額が問題じゃない
男女

格安の結婚式でも楽しめる|金額が問題じゃない

新郎新婦が気をつけること

飲み物を持つ人

感謝の気持ちを示す

披露宴の後には、二次会を開く新郎新婦がほとんどです。そして二次会の幹事は、二人の友人にお願いする人が多いでしょう。幹事は休日返上で打ち合わせをしたり、買い出しに行ったりと、やらなければいけないことがたくさんあります。当然、当日も他のゲストと同じ立場で楽しめるわけではありません。二人のために時間を使ってくれているので、たまに差し入れをしたり、後日お礼をするなど、心遣いを忘れないようにして下さい。また幹事が困ってしまうような無理な要求をすると、なかなか話がまとまらないので、あまり細かい注文はしないようにしましょう。費用などの話しにくい内容も伝え合うことが必要なので、できるだけ話しやすい友人に依頼するのがベストです。

費用負担

二次会は会費制ですが、披露宴から続けて参加するゲストもいるので、できるだけ会費を安くしたいものです。しかし内容が陳腐では、新郎新婦もゲストも満足できません。二次会を依頼された幹事が一番気にしているのも、この費用面です。あらかじめ新郎新婦が負担するところ、会費で負担するところを決めておけば、幹事も安心して準備を進めることができます。またゲストが楽しみにしていることの一つと言えば、ゲームの景品ですが、全てを豪華なものにする必要はありません。値段が安くてもネタになりそうなものや、ウケそうなものはたくさんあります。渡し方一つ違うだけでも盛り上がるので、司会が上手な友人を幹事に選んでおくと良いでしょう。